忍者ブログ

統一教の分裂

統一教会に一体何が起こっているのか? 著者は、統一教会分裂の現象を長年に亘って観察し、歴史的研究方法によって研究してきた。この本は、膨大な統一教会の一次資料に基づき、統一教会分裂の原因から過程、結果を詳細に記述し、統一教会の未来を見ている。

2. 統一教会のアイデンティティ形成(4) P26~P30(脚注部分)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

2. 統一教会のアイデンティティ形成(4) P26~P30(脚注部分)

65) 黄弼昊は、統一教会に対する2つの視線に言及し、鄭鎭弘の視点を紹介している。「例えば、客観的 な立場から統一教会の象徴機能を宗教学的に分析した鄭鎭弘も、統一教会に対する非難の焦点 となった血分けや混淫について『少なくともある段階まで(たとえば3子女の聖婚式や33双聖婚式 まで)、そのような儀礼のための性交が行われていただろうという可能性を完全に排除することは できない」と言う。しかし彼は、同時にこれが統一教会を惑世誣民の偽宗教と決め付ける理由とす ることはできないと言う。「性の象徴が、宗教祭儀の中で宗教的機能を遂行するという事実と、そ のような非難の実際性とは全く別の問題だからで  ある」黄弼昊,『統一教会の宗教哲学』(ソウル:考 える百姓,2000)5頁.鄭鎭弘、「宗教祭儀の象徴機能:統一教会祭儀を中心に」、『宗教学序説』(ソ ウル:展望社,1980年),180頁.再引用.

66) 2010.10.20.文亨進本部教会週間統合会議記録。文亨進は資料に対する十分な検討や統一教会の 神学的土台なしに「六マリヤ」を言及したが,これはとても不適切な態度であった。

67) 宣誓の内容は、「私たちは本性本然の真の父母に侍るために復帰路程を勝利し探し求めて来まし たので、今日、子女として喜んで受け入れて下さり、創造理念として許諾しようとされた永遠な幸福 の祝福をして下さい」である。

68) 全体家庭に対する問答の内容は次の通りである。「あなた達は、失敗したりまたは間違った時は、 天が自由に処理することを約束しますか?(はい) あなた達は、創造本然の子女として神様と真の 父母の前に孝子孝女と忠臣烈女となることを約束しますか?(はい) あなた達は、本然の子女とし て被造万物を主管すると同時に、その和動の主体となることを約束しますか?(はい) あなた達 は、善の世界を成すにおいて、第2イスラエルの祖先として善の息子娘を養育することを約束しま すか?(はい)」


69) 世界平和統一家庭連合歴史編纂委員会,『主要儀礼と宣布式Ⅰ』(ソウル:成和出版社,2001), 120頁.

70) 統一神学校み言葉研究会,『統一教会史研究ガイドⅡ』(未発刊図書,1986),134-138頁.

71) 36家庭以後最初の既成家庭祝福は、創始者の主礼で1963年2月8日に26双の祝福結婚があった。世 界基督教統一神霊協会歴史編纂委員会,『史報』59(1986),2-3頁. 72) 結婚式を挙げずに同居していた家庭

73) 世界基督教統一神霊教会,『統一教会の足跡Ⅰ』,273頁.

74) 36家庭の結婚式で一つ特異な現象は、第2グループの結婚対象者の中には創始者の指示に従っ て、統一教会の祝福結婚に参加するために離婚を敢行した人もいたということである。このような 態度は、非信仰者には常識的に理解することはできないが、この当時、祝福結婚式に参加する新 郎新婦の覚悟と宗教的態度をうかがい知ることができ、これは統一教会が家庭を破壊する宗教と して非難される理由ともなった。

75) 世界平和統一家庭連合,『祝福家庭と理想天国Ⅰ』782-784頁.

76) 世界平和統一家庭連合歴史編纂委員会,『真の御父母様の生涯路程4』,60-67頁.


77) 「今まで私たち統一教会には、恋愛というものはありえません。認めることもありません。自分たち だけで気持ちがあった人は、絶対祝福をしてあげません。祝福を受けるためには、信仰の定期過 程を踏まなければなりません(1970.3.22)」『祝福結婚』196頁.

78) 初期には直接定めてくれたが、数が多くなると共に、書類により一次的に国籍、年齢、学歴、健康 診断書類(AIDS、病気、障害の有無など)、希望国家などによって分類された後、霊的な決定として 写真マッチングが行われることもあった。最近では、父母の許可で結婚を前提とした恋愛を一定 部分許可しており、父母や教会指導者の仲介によって配偶者を選択したりもする。また破婚の加害 者も一定期間が過ぎれば、祝福結婚に再度参加する機会を与える。


79)『祝福結婚』111-113頁.

80) 世界平和統一家庭連合,『祝福家庭と理想天国Ⅰ』672頁:「聖酒は父母の愛を象徴するものがはい っています。そして、血を象徴するものが入っていなければなりません。ですから、それを飲めば、 父母の愛と一体となり、また血と一体となります。このようなものが聖酒の内容なのです」世界平和 統一家庭連合,(原本)『天聖経』(ソウル:成和社,2005),1244頁.


81)
『祝福結婚』114-121頁.;世界平和統一家庭連合,『祝福家庭と理想天国Ⅰ』667-673頁.

82) 実際に韓国で15年以上暮らしながら『韓国宗教史』を研究した外国人宗教学者グレイソン(J. H. Grayson)は、「再臨主の最も重要な役割の一つが人類の肉体的な復旧であるため、文鮮明は各信 徒に適切な結婚の相対者を定めて神聖な結婚式を合同で行う」と評価している。ジェームズ・H・グ レイソン,『韓国宗教史』姜敦求訳(ソウル:民族社,1995),318頁. 83)
 『祝福結婚』32-55頁.;122-123頁.


 




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
JUN
性別:
女性
自己紹介:
「統一教の分裂」を読んで衝撃を受けた6500双の在韓日本婦人です。一人でも多くの日本人に読んで欲しいと思い、翻訳してブログに発表していくことにしました。

「統一教の分裂」目次

序文
1.特異な現象/1
2.統一教のアイデンティティ形成/5
  1)血統復帰の神話/7
  2)教理の形成:原理原本/11
  3)組織、教理、儀礼の体系化/14
  4)血統復帰儀礼の原型:創教者の聖婚式、子羊の宴/20
  5)血統復帰儀礼の拡張:統一教会信者の祝福結婚式/24
  6)祝福結婚式の過程と構造/28
  7)統一教会信者の生活と性的アイデンティティ/32
3.アイデンティティの大衆化/37
  1)血統復帰の拡張/37
  2)血統復帰儀礼の日常化:衆生式、復活式、永生式を通じた血統復帰/38
4.宗教を超えたアイデンティティ/43
  1)世界平和統一家庭連合の登場/43
  2)信念体系の確定:<8代教材教本と究極の真理/49
  3)創教者の使命完遂と人類解放日の宣布:基元節宣布/51
5. 創教者のカリスマ伝授の試みと反発/57
  1)文顕進の登場:カリスマ伝授の初の試み/58
  2)1世代の反発:世界基督教統一神霊協会の分裂開始/68
  3)文国進の登場と分裂の可視化/84
  4)文亨進の登場とアイデンティティの歪曲/97
6.カリスマ伝授の失敗:文顕進の追放過程/107
7.統一教の極限分裂とカリスマの没落/155
  1)分裂の内幕:2009年4月~2010年6月/156
  2)罠にかかった文顕進/165
  3)創教者の宣言文とカリスマの没落/167
  4)分裂の内幕:2010.6月~2012.8月/179
8.統一教の創教者が他界する/205
9.韓鶴子の変心/217
  1)教理の変更/217
   ①『天聖経』変更/219
   ②<家庭盟誓>変更/222
   ③『文鮮明先生御言葉集』内容削除した後、再配布/225
   2)文国進と文亨進の追放/230
10.韓鶴子の神格化の試み:神様の婦人から独生女へ/239
  1)韓鶴子の不順従/245
  2)神格化の最初の作業:神様婦人論/252
  3)神格化の二番目の作業:独生女論/262
  4)独生女論の教理化:『真の父母経』/274
  5)韓鶴子の現状分析(2012.9~現在)/277
   ①韓鶴子の自意識の変化/278
   ②韓鶴子のカリスマ/282
   ③韓鶴子の関心/283
  6)韓鶴子の現状の小結論/286
11.文亨進の最近の現状/291
  1)文亨進の説教/292
  2)文亨進の自意識/296
  3)創教者 崇拝/301
  4)韓鶴子への公開非難/303
12.文顕進の最近の現状/311
結び/317
参考文献/325
エピローグ/341